薄毛の病気の一つに円形脱毛症がある

加齢により男性も女性も、毛が細くなり育ちも遅くなるのでだんだん薄毛になっていきます。これは病気というわけではありません。
対して円形脱毛症というのは自己免疫病の一つです。直径2~3センチ位の脱毛となります。突然前触れもなく訪れるのです。
一か所だけの時もあれば2か所以上出来る場合もあります。

6割程度の人は自然治癒します。原因はアレルギー疾患を持っている人が多いようで、花粉症の症状があるときに円形脱毛症を併発することもあるのです。

アレルギーを持っていない人の場合はストレスが考えられます。ストレスが何であるかを直視して回避する方策を考える必要がありそうです。
ただ、毛の幹は阻害されていないので永久脱毛になる心配はありません。

ストレスだけでなくアレルギーや食べ物などに大きく左右されるほど敏感なのが頭髪。日常生活のバランスが崩れたり心配事が重なったりすることは誰にでもあるのです。誰にも円形脱毛症になる素地がある。自分だけがこのようになってしまったと心を痛めないようにしたいものです。

カテゴリー: 薄毛・抜け毛の予防や治療   パーマリンク

コメントは受け付けていません。