白髪染めの原理と仕組みを理解してから使用する

白髪に色をつける白髪染めですが、その仕組みはどうなっているのでしょうか?
原理としては、白いものに色を染み込ませていくという単純なものです。布などを染料で染めるのに似ていますね。

白髪にはもう色がありませんから、黒髪を染めるよりも色がきれいに入りやすいと言えるでしょう。
白髪染めの仕組みは、簡単にいえばキューティクルを開いて中に染料をいれるということです。薬品に含まれるアルカリ剤がキューティクルを開きます。そうすると染料が中に入りますね。中に入った染料はお互いに結びつきます。そうなると水で溶けだす事はありません。
これによって髪の中には水で落ちない色がつくわけです。これを永久染毛といいます。しかし一方でアルカリ剤がついたままだとキューティクルが開いたままになってしまいます。これではいけないので、酸性のリンスなどを利用して上手に中和させるのがいいでしょう。
ちょっとやっかいですが、髪へのダメージも少なく、色素も定着するでしょう。

カテゴリー: 白髪対策   パーマリンク

コメントは受け付けていません。