抜け毛と切れ毛を改善する方法とは

切れ毛はカラーリング、パーマなどで髪が傷みますが、ドライヤーのかけ方でもダメージを与えてしまいます。髪が乾燥しすぎるとキューティクルがささくれ状態になります。

抜け毛と切れ毛になる要因には共通点があります。
頭皮にある毛母細胞に栄養が十分与えられれば毛根がしっかり根付くので抜け毛は少なくなります。毛根がしっかりしていると栄養分は髪の毛の中に浸透し、毛先まで到達するわけです。

しかし栄養分が不足していれば毛の途中までしか栄養分は届きません。そして髪の毛は弱くなり切れてしまうでしょう。

髪の毛は体内からのケアが大切になってきます。髪の毛の主成分はタンパク質ですがシスチンというアミノ酸を含んでいます。
シスチンが含まれている食材は豆類、たら、サンマ、イワシなどで抜け毛予防になります。切れ毛を予防する食材はタンパク質(卵、肉、魚)亜鉛(牡蠣、ひじき、ごま)その他カルシウム、鉄分、ビタミン類が含まれている食材をバランスよく取り入れることが必要です。

カテゴリー: 薄毛・抜け毛の予防や治療   パーマリンク

コメントは受け付けていません。